banner

葬儀のマナー

故人を見送る儀式の総称として、一般的には葬儀と呼んでいます。今までに参列された方もそうでない方も、故人を見送る際には一言一言、遺族に失礼になることがないように気を遣わなければいけません。また、失礼のないような所作や動作も合わせて行わなければいけません。このような厳かな場所では、様々な面でマナーが存在しており、そのマナーを知っているのと知らないのとでは、遺族に不快感を与えてしまいかねない場合があります。そんなマナーの中で、一番気を遣わなければいけないところが、参列時の服装に関してです。

冠婚葬祭時では、様々なマナーがありますが、この葬儀でも同様にやはりマナーがあります。まず大前提として、故人を見送る儀式ですので、故人に対して哀悼の意を示す意味でも、当日着用する色は必ず黒をベースにした服装でなければいけません。一般的には、喪服と呼ばれる服装であれば、何も問題はありません。男性であれば、基本的には黒のスーツを着用し、ワイシャツは色柄ものではなく、白を着用して下さい。ノーネクタイは原則NGとなっており、黒いネクタイを着用します。更にネクタイを着用する場合、ネクタイピンを付ける方も多いのではないでしょうか。ネクタイピンは参列時NGとなっていますので、要注意です。靴下、靴はともに黒でなくてはいけませんので、やはり参列時のマナーがあります。

女性に関してはどうでしょうか。女性も男性同様にやはり服装のマナーは多いです。まず原則としては、黒のワンピースやスーツなどを着用して下さい。女性に関しては男性と異なりアクセサリー類を身に付ける場合があるかと思いますが、このアクセサリー類については基本的に指輪は結婚指輪のみとなります。ネックレスをつける場合はパールのものが良いとされています。更に女性で考えると、髪色もマナー的にNGという場合があります。金髪や髪色が明るい髪ですと、どうしても参列時にはマナー違反となってしまいます。また、髪の毛も絶対にというわけではありませんが、長い髪の毛を束ねずに下ろしておくことはマナー違反です。従って、低い位置で髪の毛をまとめることがマナー的には正解です。

このように服装だけを見てみても、細かなマナーが存在します。服装以外には香典の金額やふくさの包み方、お悔やみ時の言葉がけなど、至る所にマナーが発生してきますので、参列される方は事前にこのマナーをしっかりと把握しておいて下さい。

お知らせ

[2018年12月05日] ホームページを更新しました。

Copyright©2018【葬儀のマナー】 All Rights reserved.