banner

葬儀におけるお清めのお塩について

葬儀後に必ずもらう物がありますが、それは何かをみなさんはご存知でしょうか?参列されたことがある方はお分かりだと思いますが、お清めのお塩をもらいます。このお塩の役割を実は知っているようで知らない方も多いのです。

そもそも人間は生まれてきた以上、必ず死が訪れます。昔から死に対する考え方として、未知のものであり、非常に怖いものとして考えられています。それは現代でも決して変わることがないでしょう。そのような中、この死は怖いものであると同時に穢れたものとしても扱われます。葬儀に参列した人間はその穢れを受けることになりますので、今まで送ってきた日常生活が送れなくなるという考えがあります。

お塩には、そのような穢れを取り除くという効果があるということが言い伝えられ、今でもこのお清めのお塩が最後に配られているのです。そして、このお塩の使い方ですが、帰宅後に家に入る前に使用します。

使い方としては、お塩を少量だけつまみ、胸から背中、そして足にふりかけ、最後は手でそのお塩を払うというような手順です。従って、間違えても家に入ってからこのお塩を使うことがないようにして下さい。ただし、何が正解かということはありませんので、ただ単純に足だけにかけるという方もいらっしゃいますので、その辺りはあまり気にすることはないでしょう。

Copyright©2018【葬儀のマナー】 All Rights reserved.