banner

葬儀における弔電について

あまりいただきたくない連絡ではありますが、知り合いが亡くなった場合などは葬儀の連絡をいただくことがあるでしょう。しかし、結婚式などと異なり、葬儀は急なケースがほとんどで会社や学校が休めなかったり、その他に外せない用事があったりする場合は参列できない場合があります。

上記のように参列できない場合には、弔電を送る方法がありますが、どのように送ったらよいのか、分からない方も多いのではないでしょうか?まずは弔電の送り方についてですが、電話会社などが弔電のサービスを行っていますので、そちらに連絡を取りご遺族のもとに送る方法が一般的です。尚、送る際は住所はもちろんのこと、喪主宛てに送ることになりますので、お名前を間違えないように注意して下さい。

そして、送る文面ですが、まず間違っても文面の中に使用してはいけない言葉として、不幸がこの先も続くような言葉はNGです。具体的には、繰り返しなどの言葉です。また、死を連想させる、いわゆる忌み言葉と呼ばれる言葉も絶対に使用してはいけません。

一番間違えがない方法としては、弔電を依頼する際に依頼会社の方で、弔電のフォーマットなどを準備していますので、お名前などを変更するだけで弔電を送ることができますので、そのフォーマットを参考にしても良いでしょう。

Copyright©2018【葬儀のマナー】 All Rights reserved.