banner

葬儀と香典について

葬儀に一度も参加されたことがない方で悩まれる点がいくつかありますが、その中でもやはり香典に関する悩みは非常に多いです。香典はその渡し方や金額など、遺族と直接接する機会でもありますので、非常にデリケートな対応をしなくてはいけません。

まず香典を包む際に、一体いくら程度の金額を包めばいいのかが悩まれるポイントです。香典の金額は、結婚式同様に故人と自分との関係性により金額が変わってきます。親族であれば一万円から五万円程度、友人や職場関係者であれば五千円から一万円程度、それ以外は三千円から一万円程度という金額が一般的な相場です。

更に香典時には、新札を包んでは失礼にあたるというのが一般的なマナーとして知られていましたが、最近では、新札を一回折って、折り目をつけて包むというケースが増えています。そして、実際に香典をお渡しする際には、必ず一言添えてお渡しして下さい。具体的には、この度はご愁傷様でした、などの一言で大丈夫です。

香典をもらった側についても悩むポイントがあります。それが香典返しと呼ばれるものです。この香典返しは葬儀終了後に行うものです。宗教によって、香典返しをする日数も異なりますが、香典返しの一般的な金額はいただいた香典の3分の1を返すことが一般的です。現金ではなく、その香典返しの金額に相当するバスタオルや茶葉などが一般的でしょう。

Copyright©2018【葬儀のマナー】 All Rights reserved.