banner

葬儀と焼香について

葬儀に参加されたことがある方は必ず経験があるかと思いますが、お通夜や告別式では、焼香という行為を行うことがあります。しかしこのような作法を正式に習う機会はほとんどないため、意味なども分からず前の人がやった内容を見よう見まねでやっている方も多いのではないでしょうか。

そもそもこの焼香という意味はどういう意味を持っているのでしょうか?焼香の意味としては、仏様の慈悲を讃える為にその匂いで浄土を表現する為です。焼香はお香ですので、焚かれると非常に落ち着くような匂いです。

それでは、実際に焼香をする場合、その回数や所作など一般的な考えはあるのでしょうか?結論から言ってしまうと、故人の宗派によって変わってきますので、一概にこれが正しいという回数や所作はありません。

しかしながら多く見受けられる焼香の方法としては、まず焼香する回数は3回が多いでしょう。そして、葬儀での所作の流れですが、まずは遺影の前でご遺族に一礼を行った後、遺影に一礼を行います。数珠を持っている方であれば左手に数珠を持ちながら右手で焼香をつまみ、額に持っていき、炭の上に置くという所作になります。この所作を3回行った後に合掌し、ご遺族に一礼を行い、席に戻るという流れになります。

Copyright©2018【葬儀のマナー】 All Rights reserved.